ECLAVIA

2017-18 Fall/Winter collection
<ROYAL TOO MUCH TASTE>

プレフォールからより抜きファー襟の紺ブレや、
ドッグ刺繍のスカジャン

ミューズは悲劇の王妃、マリー・アントワネット――。「MUVEIL(ミュベール)」の2017-18年秋冬コレクションはフランス革命に巻き込まれた王妃をイメージソースに、王朝文化を再解釈した貴族的ロマンティックを打ち出す。宮廷の華やかな上流階級に着想を得て、過剰なまでの王朝風ディテールやファブリックの質感で遊んでみせた。男性的なミリタリーの風情を融け合わせるアレンジも加えている。

 ひじから先が広がったベルスリーブや、ボリュームのたっぷりした袖口パフスリーブはめりはりの豊かな量感を生み出した。装飾的ハイネックも王族ルックにちなんだ。ラブリーとノーブルを交差させ、ミュベールらしいひねったウィットをふりかけている。薔薇モチーフを刺繍したMA-1にはフェミニンとミリタリーが同居する。王宮文化をひもときながらも、デザイナーの目線はあくまでも革命を起こした民衆の側にある点が全体のテイストに深みを与えている。

庶民の暮らしを知らないマリーの浮き世離れした感覚をマカロンカラーやベロア生地に託した。帆船モチーフは貴族たちの奇妙な髪型を模している。王妃の名前「MARIE」もロゴであしらった。ヴェルサイユ宮殿にあったクッションのインテリアファブリック柄から、愛らしいリスも写し込んでいる。夢見心地の甘いメルヘン世界はハトが飛び立つ模様に落とし込んでみせた。

 ビッグシルエットのダウンアウターはデザインバリエーションが広がる。フェミニンなトップスはマスキュリンなパンツで締める。優雅なムードのブラウスや、キリリとしたメンズスラックス風パンツを取り入れたほか、チュール素材のドレスやスカートの下にカーゴパンツを重ねるなど、ファンタジーとマニッシュを響き合わせた。フランス革命当時の職人的手仕事にリスペクトを示し、丁寧なクロスステッチ刺繍をあしらった。桐生産の繊細なフィルム風のビニール素材にはロマンティックなフラワープリントが施され、装いにつやめきを添えている。

The Muse is a tragic princess, Marie Antoinette. MUVEIL’s 2017-18 Fall/Winter collection features aristocratic romanticism, revisiting the royal culture with the image of the queen who was embroiled in the French Revolution. Inspired by the flourishing court culture, we played with almost overdone details and fabric textures of the royal design. Manly military taste has been also blended in.

The bell sleeves that flares from the elbow down, and the voluminous puff sleeves create well-accented massiveness. The decorative high neck design is also taken from the royal look. We blended the loveliness and nobleness sprinkled with the wits typical of MUVEIL’s. MA-1 with embroidered rose motifs has blend of feminine and masculine touches. The designer’s perspective that looked into the court culture nonetheless stands on the side of people who raised the revolution, and that is giving the depth to the overall taste of the collection.

The naïve and innocent senses of Marie Antoinette who did not know the lives of people were expressed by macaroon colors and velour fabrics. The sailing ship motif represents the queer hairstyles of the aristocrats at that time. We also added a logo of ‘MARIE’. Taken from the fabric pattern of the cushions in the Versailles, we printed images of squirrels as well. Dreamy and fairly-tale-like world is reflected on the pattern of pigeons taking flights.

The grandly-silhouetted down jacket expands the variations of coordination. A feminine top is toughened by a masculine pair of pants. We adopted blouses with elegant mood and handsome pants with men’s-pants-like touch. Moreover, by matching tulle dresses and skirts with cargo pants, we harmonized fantasy and masculinity. Respecting the craftsmanship at the time of the French Revolution, we also added carefully cross-stitched embroideries. The delicate film-like vinyl materials produced in Kiryu are printed with flower patterns, adding sparkles to your style.