ECLAVIA

Mayumi Tsuzuki
solo exhibition
Whereabouts

細かく描いた鉛筆画をデジタルで仕上げるイラストレーション、鹿の剥製を模した布の壁掛けオブジェ。 都築まゆ美は平面と立体の異なる表現のなかに、光と影、日常と非日常、安らぎと不穏といった両義性を込めている。 本店では装画を担当した或る2冊の小説からイメージを膨らませた新作を中心に、人物、植物、動物をモチーフとした作品を展示。 タイトルのWhereabouts(居場所)とは、その主人公の女性たちがたおやかに探究する社会的居場所のことであり、彼女たちをひっそりと見守る剥製たちが、溜まっている場所のことでもある。

都築まゆ美
イラストレーター、布立体作家
武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科(インテリアデザイン)卒
書籍の装画や文芸誌の挿絵などのイラストレーションのほか、布や異素材を使用した半立体平面作品や、動物の剥製(ハンティング・トロフィー)を模した布の壁掛けオブジェFabric trophyの制作販売、それら作品を含むディスプレイデザインなど幅広く活動。

Fabric trophy Charm WORKSHOP

Fabric trophy Charm
定員数5名
参加費5,000円(材料費込)+tax




2018.12.8(sat)
① 13:00-15:00 /② 17:00-19:00
定員各回 5名
参加費 5,000円(材料費込)+tax
お問合せ・ご予約 info@gallerymuveil.com
GALLERY MUVEIL TEL 03-6427-2162