ECLAVIA

2019 SS COLLECTION
<LA LA RAINBOW LAND>

サバンナの草原や凍てつく雪原、海や湖で命を育む生き物たち。
そして豊かな大地にしっかりと根付く草花たち。
2019年春夏コレクションはこんな愛おしい動植物のプリントや刺繍から始まりました。
『動物の箱舟』と『ENDANGERED』という写真集をご存知ですか?
ここに収められた生き物の、なんと美しく、頼もしく、個性的なこと!
絶滅の危機に瀕している生物も私たち人間と等しく大切。
「ゼツメツキグシュ」という悲しい響きとは裏腹の愛らしさに魅せられたのです。

今回のコレクションの素材はコットンを中心に軽くさらりとした感触のものを選びました。
ドレスやブラウスのフォルムはゆったりとエアリーにボディの上を滑り落ちていきます。
Tシャツやニットなどのトップスには手仕事を盛り込み、合わせるボトムスはロングスカートやルーズフィットのマニッシュなパンツたち。
色は大地を思わせるアースカラー、動物や草花、昼と夜の空、氷のホワイトも。
そこにグリッタースパンコール、チェックやストライプも加わり、自然からもらった多様な色彩が重なり合って、
2019年春夏のミュベールに心地よいハーモニーが生まれました。