ECLAVIA

福岡 伸一 トークイベント
Presented by MUVEIL

『ダーウィンの「種の起源」
――はじめての進化論』
サビーナ・ラデヴァ作・絵
福岡伸一訳
岩波書店刊

br

絵本『ダーウィンの「種の起源」』が4月23日より全国で発売されます。
こちらの刊行に合わせて、4月24日(水)GALLERY MUVEILにて 翻訳された生物学者・福岡伸一氏を招きトークイベントを開催いたします。


MUVEILのデザイナー中山路子の服作り、人生を通じて意識するのは「生きとし生けるもの」の姿です。2019年のSSコレクションでは、「ゼツメツキグシュ」に瀕される生き物たちに着目し、それを「身に付ける」事で自然への関心を高め、思いやりを育もうとする創作に挑みました。

中山の想いをミュベールらしくポジティブに伝えたコレクションは、絵本『ダーウィンの「種の起源」』を翻訳された福岡伸一氏の著書からも刺激を受け学んだ事もあり、今回GALLERY MUVEILからサステナブルの活動の一つとして福岡伸一氏のトークイベントを開催する事となりました。福岡伸一氏の貴重なトークイベントにぜひ参加下さいませ。

■『ダーウィンの「種の起源」』 内容紹介
なぜ生き物は環境に合わせて、さまざまな見かけや性質を身につけることができるのか。 ある生きものが絶滅して、ある生きものが生き残こるのはなぜなのか―― 生命の「なぜ」を説明した、ダーウィンの『種の起源』。 世界を大きく変えたこの名著を、サイエンティストから芸術家に転身したサビーナ・ラデヴァさんが美しい絵と文章でわかりやすく語りなおしました。訳者は、「ドリトル先生」の世界や 昆虫を愛し、生命の謎を問い続ける生物学者の福岡伸一氏。 子供から大人まで楽しめる「科学&アート」な絵本です。

『ダーウィンの「種の起源」――はじめての進化論』
サビーナ・ラデヴァ作・絵
福岡伸一訳
岩波書店
4月23日発売 定価(本体2300円+税)
ISBN 978-4-00-112678-5
岩波書店のWEBマガジン 特集ページ

■福岡伸一(生物学者)
Profile
1959年東京生まれ。京都大学卒。米国ハーバード大学医学部博士研究員、京都大学助教授などを経て青山学院大学教授・米国ロックフェラー大学客員教授。サントリー学芸賞を受賞し、80万部を超えるベストセラーとなった『生物と無生物のあいだ』(講談社現代新書)、『動的平衡』(木楽舎)など、“生命とは何か”を動的平衡論から問い直した著作を数多く発表。

■福岡 伸一 トークイベント詳細

<開催場所>
GALLERY MUVEIL
港区南青山5-12-24 シャトー東洋南青山B1F
Tel:03-6427-2162

<開催日時>
4月24日(水) 18:30開場
@GALLERY MUVEIL
19:00 福岡伸一氏トークイベント開催
20:15 終了予定

*当日、『ダーウィンの「種の起源」』をご購入下さった方には、
トークイベント後に福岡伸一氏のサイン会を
予定しております。

<チケット代金>
お一人様1000円となります。
定員 50名
チケットのご予約、お問い合わせは以下までお願いいたします。

<お問い合わせ>
GALLERY MUVEIL
Tel:03-6427-2162
(営業時間 11:30-20:00)



動画は、MUVEIL×『エル』によるトークイベント −“What can we do everyday for the Earth ?”
地球のために日々私たちは何ができる?− 開催のためにいただいたメッセージです。